ペット供養をする前に、あらかじめ火葬する品を決めておく

物によって火葬できないものがあるので注意しよう 物によって火葬できないものがあるので注意しよう

ペット葬儀を業者にお願いする~火葬に必要になるもの~

亡くなってしまった愛猫のために、花を用意することや好きなものを用意してペット葬儀をしましょう。

愛猫の火葬を行なう時に必要になるもの

愛猫が好きだったもの
ペット葬儀をする際は、愛猫が好きだった食べ物を持たせてあげると良いでしょう。旅立った後にお腹を空かせないようにという思いを込め、供えてください。供えるものには、缶詰やパウチなどです。これらを、用意した紙皿に移しましょう。食べ物の量はあまり多くない方が良いです。量が多すぎると、火葬しづらくなり困ります。
お花を用意する
愛猫の周りをキレイな花で彩りましょう。最後なので、キレイな見た目の状態で見送る方が、ペットにも飼い主にとってもきっと良いでしょう。用意する花はキレイに咲いた花が良いです。カーネーションやガーベラなどを選べば間違いないでしょう。バラが好きな人は、バラを供えても問題ありません。棘があることで敬遠されることもありますが、ペット葬儀では大丈夫です。
愛猫の写真
祭壇に飾る写真を用意しましょう。写真の大きさはどんな大きさでも問題ありません。用意する写真はできるだけ、顔が鮮明に写っているものが良いです。大事な写真だから、渡したくないと思うかもしれませんが安心してください。渡した写真は必ず返却されます。もし写真が用意できないという場合は、ペット供養や葬儀を行なってくれる業者に相談をしましょう。

ペット葬儀業者で火葬を行なう際に断られてしまう物

ぬいぐるみ

ペット供養で火葬を行なう時は、思い出の物などを一緒に燃やしてもらうことができます。しかし、中には一緒に燃やせないものもあるのです。ボール類や金属や効果などは燃やすことができません。大きなぬいぐるみも燃やせないので、覚えておきましょう。

愛猫をそばで供養してあげたいなら自宅供養

愛猫が亡くなってしまったら、自宅供養をしましょう。自宅供養をすることで、いつでも亡くなった愛猫を近くに感じることができます。

愛猫を供養する際には家族で話し合う事が大切

ペット葬儀をした後は、自宅供養をする人も少なくありません。自宅でペット供養する際は、特別なことをする必要はないです。ですが、自分の意見だけで行なわず、ちゃんと家族と相談した上で供養方法を決めるようにしましょう。

亡くなった愛猫をそばに置いておきたいなら自宅供養

愛猫が亡くなりました。火葬はペット葬儀業者にお願いをしました。未だに心の整理ができないので、そばで供養してあげたいです。何か良いペット供養方法ってないですか?
自宅供養をすると良いでしょう。人によっては、自宅の庭に埋葬することもあれば、骨壷に骨を入れ自宅で祀ることもあります。自宅供養であれば、ペットといつまでも近くにいられるような気持ちになるので、愛猫を失った悲しみも少しは癒えることでしょう。大事な物を失った後にくる悲しみは、時間がどうにかしてくれます。ですから、その悲しみが癒えるまで、愛猫のことを思いちゃんと供養してあげましょう。

自宅供養って何?

自宅供養とは、ペット葬儀後に、火葬した後の骨を自宅に持ち帰り供養することです。ペットの骨は、骨壷に納めることができます。その骨壷を仏壇に祀ることができるのです。人間でいうと、ご先祖様を仏壇で祀るようなイメージといえるでしょう。ペットの場合は、専用の仏壇があるので、それに祀ると良いといえます。

TOPボタン