お別れをした後のペット供養について~供養方法の紹介~

物によって火葬できないものがあるので注意しよう 物によって火葬できないものがあるので注意しよう

ペット葬儀後の自宅葬儀にも供養方法がある

ペットの遺骨をパウダー状にすることで、散骨を行なうことができます。散骨をするかどうかは、飼い主の意思次第です。もし、ペット供養に関して、どのようなものがあるのか分からないという場合は、ここで紹介していることを参考にしていくと良いでしょう。

ペット葬儀後の自宅供養方法

お花供養
ペットの遺骨をパウダー状にします。そのパウダー状の粉を、土の入ったプランターに散骨するのです。その後に、好きな花を植えてペット供養しましょう。骨を少し残したいという場合は、分骨器へ少し移して置きとっておくと良いです。
樹木供養
ペットの遺骨を庭に埋めて、その遺骨と一緒に樹木を植える供養方法です。遺骨をパウダー状にしてから、庭に散骨するという方法でも問題ありません。この、樹木供養を行なうと、樹木がまるでペットの生まれ変わりかのような不思議な気持ちを味わえます。
庭にお墓を作る
一昔前までは、ペット火葬をした後に、ペット霊園や納骨堂でペット供養するというのが一般的でした。しかし、最近はペットへの対する意識の変化や、納骨施設の不足などの理由もあり、自宅供養をする人も多くなったのです。自宅供養をしたい人は、ペット用の墓も市販されているので、それを活用して庭にペットの墓を作ると良いでしょう。

自然に返してあげる散骨供養

散骨供養とは、亡くなった動物の骨を粉末状にして、山や海などにまく方法です。この供養方法で、大切なペットを自然へ返してあげましょう。海や陸地に散骨する際は、指定された条件を守らなければいけないので、事前にチェックしてから散骨を行なうようにしてください。

愛猫を見送ってあげよう

猫

ペット供養の方法は上記で紹介したように様々です。愛猫の遺骨をどのような方法を用いて、自宅供養をするのかよく考えておきましょう。遺骨を手放したくないという人は、庭にお墓を作り供養してあげると良いでしょう。

TOPボタン