ペット葬儀をする時に必要となる骨壷を用意しよう

物によって火葬できないものがあるので注意しよう 物によって火葬できないものがあるので注意しよう

ペット葬儀の火葬後に必要になるアイテム

火葬後にまず必要となるのが、遺骨を納めるための骨壷です。この骨壷は、自宅供養をする上ではどうしても必要となるものなので、用意しておかなければいけません。ここでは、骨壷を用意する時に知っておきたい情報などを紹介します。

自宅供養をしてあげるならメモリアルグッズを活用

最近では、メモリアルグッズというものがよく活用されています。その中には、ペット供養のために使われる、ミニ仏壇セットやミニ骨壷、ロウソク立てなど様々なものが用意されています。中には骨壷が大きくて、場所をとってしまうので置き場所に困るという人もいることでしょう。そんな人は、遺骨をパウダー状にして、ミニ骨壷に入れることをおすすめします。それ以外には、骨粉を納められるペンダントなどもおすすめです。

自宅供養で必要になる骨壺

ペットの骨を納めるための骨壷を用意してください(ペット葬儀業者)

ペット供養で必要となる骨壷は、基本的に白い陶器製のものです。しかし、これには形が特に決まっているという訳ではないので、様々なデザインの骨壷があります。この骨壷を覆う袋の色も何種類もあり、バリエーションが豊富です。特に何色にしなければ行けないというような決まりもないため、お好みの色や柄の物を選ぶことができます。ちなみに、ペットの頭蓋骨の大きさによって用意する骨壷の大きさが変わるのです。1寸は約3センチで、3寸は約9センチとなります。ちゃんと頭蓋骨の大きさに合わせて、骨壷を選ぶようにしましょう。

骨壺の種類と費用相場

ペット葬儀を安く済ませようと考えたら、合同供養墓に納骨するのが一番費用を安く抑えられます。しかし、多少費用をかけても構わないという人は、仏具一式を購入すると良いでしょう。これらは大抵1万円もあれば、色々な種類を選ぶことができます。骨壷の種類は多いので、自分の好みで選ぶと良いでしょう。

TOPボタン