ペットが亡くなったら~ペット供養業者に連絡をしよう~

物によって火葬できないものがあるので注意しよう 物によって火葬できないものがあるので注意しよう

長年飼ってきた猫とのお別れ~自宅供養までの流れについて~

大切なペットが亡くなると、ペット供養をする飼い主が多くいます。家族同然のペットが、安らかにあの世へ行けるようにと願いを込めて行なわれるのです。ここでは、ペット供養までの流れを紹介していきます。

火葬をする前に

ペットの洋服

ペットを火葬するまでの時間は、最後の別れの時間といえるでしょう。この時間内に、一緒に火葬するものを決めるのです。一番思い出に残っている品や、ペットが好きだった物などを用意してください。用意する品は、ちゃんと燃えるものでなければいけないので注意しましょう。

供養までの流れについて把握しよう

まずペット葬儀業者に連絡する

まずは、ペット葬儀業者に電話相談をしましょう。始めてペット葬儀を行なう人であれば、分からない点が多くあるはずです。ですから分からないところはスタッフに聞き、一つずつ質問していきましょう。ペット葬儀では火葬も行なうので、必要になる料金もチェックしておくと良いです。

ペット葬儀業者の車に納める

ペット供養では火葬を行ないます。この火葬を行なう時にはいくつかプランがあるのです。選んだプランによっては、自宅に到着した火葬車にペットを納め、その場で火葬することがあります。もしくは、火葬場までペットを連れて行き、そこで火葬するなどです。そのため、事前にプランを見てから決めるようにしましょう。

火葬と供養

火葬をする際は、ペットの好きだったものなども一緒に火葬してもらうことができます。火葬し終えたら、今度は供養をします。ちなみに自宅供養と、業者にまかせて永久供養してもらう方法があります。

火葬後は自宅供養する人が増えている

ペットを火葬した後は、ペットの骨を回収することができます。回収した骨は、骨壷へ納めて供養しましょう。最近では自宅供養をする人が増えているといわれています。自宅供養という選択肢を選ぶ人は、ペットと離れたくないと考えている人が多いといえるでしょう。もしくは、手元で供養してあげたいという気持ちが強いかです。

TOPボタン